傑作 Museum Brandhorst(ブランドホルスト・ミュージアム)

傑作 Museum Brandhorst(ブランドホルスト・ミュージアム) Show title in blue bar 傑作 Museum Brandhorst(ブランドホルスト・ミュージアム) サイ・トゥオンブリー(Cy Twombly)のレパントサイクル展示を示すMuseum Brandhorst(ブランドホルスト・ミュージアム)館内

レパントサイクル
サイ・トゥオンブリー(1928~2011年)

ブランドホルストコレクションを最も特徴付ける芸術家は、1928年にバージニア州レキシントンに生まれ、2011年にローマで死去した米国人サイ・トゥオンブリーです。異なる高等専門教育機関での芸術専攻後、トゥオンブリーは短期間ブラックマウンテン大学に在籍し、その後、ロバート・ラウシェンベルクと欧州・北米の旅をしました。その後トゥオンブリーは最も重要な発想のヒントを得た地中海諸国に重点を移しました。

トゥオンブリーの芸術は感受性が強く、抒情詩的なイメージとテキストの結合を達成した他例のないものです。ロバート・ラウシェンベルクとジャスパー・ジョーンズと並び、トゥオンブリーは抽象的表現主義のトリガー世代の最も重要な代表者です。トゥオンブリーは仲間二人と同様、米国の芸術に受容な新時代を導入し、まったく個性的で高度に影響力のあるイメージ言語を展開させたばかりではありません。

トゥオンブリーの記念碑的作品で12点の絵画から成る『レパント』(2001年)は同氏の希望に従って内装された同ミュージアムのセンターホールに常設展示されています。多種多様な創作時期から選んだ絵画、彫刻、デッサン合わせて170点以上の作品を所蔵するブランドホルストコレクションは、この人並み以上の芸術家の芸術家としての成長過程を俯瞰することを可能にし、米国以外では最も重要なものとなっており、テキサス州ヒューストンのメニルコレクション・サイ・トゥオンブリーギャラリーしか比較できない意義があります。